光脱毛とレーザー脱毛の違い

光脱毛とレーザー脱毛の違い

脱毛は、クリニックなどの医療機関で行なっている“医療レーザー脱毛”と、エステサロンや脱毛サロンなどで行なっている“光脱毛、フラッシュ脱毛”があります。

レーザー脱毛、光脱毛のどちらも脱毛の原理は同じで、特殊な光を照射すると黒い色素に反応し、毛根にダメージを与えて脱毛することができます。

しかし、レーザー脱毛と光脱毛では波長に大きな違いがあります。

レーザー脱毛は、医療機関のみで行うことが認められている脱毛法です。

レーザー脱毛は単一の波長で、集中的に熱を集めて照射します。高出力で照射することから、医師又は医師の指示のもと看護師などが施術します。

一回の脱毛効果は高く、少ない回数で脱毛完了できるのが特徴です。

レーザー脱毛は脱毛箇所によっては照射する際、パチンとゴムを弾いたような痛みを一瞬感じることがあります。

しかし、万が一 肌トラブルがおきてしまったときでもすぐに対処してもらえるので医療機関での脱毛は安心ですね。

光脱毛は、エステサロンや脱毛サロンなどで行われています。医療機関でないサロンでは医療レーザー脱毛機は使用できないため、出力の弱い光脱毛やフラッシュ脱毛などの美容脱毛を行なっているのです。

光脱毛は複数の波長を含んだ光を広範囲に照射することで脱毛を行います。

広範囲を一気に脱毛できるので短時間で脱毛が終わります。しかし、レーザー脱毛よりも低出力のため、一回の脱毛効果が低くなり、何度も通わないと効果が出ません。そのため、医療脱毛よりも多く脱毛施術をすることが必要になります。

しかし、光脱毛は痛みが少ないものも多く、価格も低価格で脱毛できるのが特徴です。

レーザー脱毛、光脱毛どちらにもメリットやデメリットがあります。脱毛効果や価格など、自分に合った脱毛方法を選んで通うことが大事ですね。



TOP PAGE